非破壊・微破壊診断|生コンの番人

コンクリートサポートセンターCSC

 

▼お問合せ 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
生コンの番人 採用・募集要項
 
生コンの番人スタッフブログ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生コンの番人 トップページ>>非破壊・微破壊診断

 

 

劣化状況を調べ安全管理をする非破壊・微破壊診断

コンクリート構造物は、損傷が深刻化すると補修・維持管理費がかかります。

そうなるまえに、補修箇所を早期発見する仕組みと、補修の最適案をご提案させていただきます。
コンクリート構造物

 

非破壊診断とは

非破壊診断とは、コンクリート構造物を壊すことなく、コンクリート構造物の強度や密度を調べる診断方法です。
平成24年3月から国土交通省が推奨しているコンクリートの強度測定方法でもあります。
コンクリート構造物を作る際、あらかじめ検査用のパーツを取り付け、必要に応じてその部分を外すだけで、構造物を壊すことなく検査できるボス試験。

音波を用いて、コンクリートの強度を測定するiTECS、配筋状態及びかぶり試験あります。
測定技術者は独立行政法人および団体(非破壊試験認定資格執行機関)のライセンス取得者でなければ試験ができません。

一般社団法人 日本非破壊検査協会はこちら


取得技能資格一覧

団体名 技能資格名
コンクリート構造物の配筋探査技術者(土木) (社)日本非破壊検査工業会
ボス試験講習会終了者 (社)日本非破壊検査協会
iTECS技術講習会終了者 (社)iTECS技術協会

※2015年7月1日現在

非破壊診断の種類

◆微破壊診断(ボス試験・圧縮強度試験)

ボス試験 圧縮試験
△ボス試験用の検体 △圧縮試験


◆非破壊診断(iTECS)

iTecs 音波検査の様子
△音波でコンクリートの強度等を診断 △診断画面




◆配筋状態及びかぶり試験

配筋状態及びかぶり試験は、コンクリート構造物の鉄筋の配筋状態及びかぶりが適正に確保されていることを確認するために行うものです。

音波検査の様子

お問合せ

 

 

 © 2009-2018 CSC Inc.

〒814-0165 福岡市早良区次郎丸6-13-24 TEL:092-865-5246 FAX:092-865-5247

当サイトは、 Internet Explorer7以上 firefox3以上の環境に合わせて作成しています。